フラッシュ脱毛とレーザー脱毛との違い

MENU

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛はどう違うのでしょうか?

フラッシュ脱毛は、毛根のみに反応する光を当ててダメージを与え、毛の再生能力を弱めていく方法。
これとよく似ていますが、医療レーザー脱毛は、毛髪のメラニン色素にレーザーを照射し、毛髪を再生させる組織を破壊してしまう方法です。
共に光を利用するという点は同じですが、光の出力の強さが違います。

 

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛より出力が強く、施術の際に強い痛みを伴います。
そのため万が一、火傷などの肌トラブルが起こってもすぐ処置できるよう、医療機関でしか行えません。医療行為とみなされているのです。

 

一方フラッシュ脱毛は、医療行為にならないようにレーザー脱毛ほどの出力をだしません。
ですから医療レーザー脱毛よりフラッシュ脱毛の方が痛くないのですが、その分、脱毛の効果はレーザーより低いのです。つまり、何度も施術を受けなければいけないのです。
時間はかかりますが脱毛効果はありますので、痛みに弱い方や敏感肌の方はフラッシュ脱毛を選択する方が多いです。

 

フラッシュ脱毛の中でも特に痛みが少ないと言われているのが、ミュゼのS.S.C.脱毛。
医療レーザーの痛さで脱毛をあきらめたかたが、これに乗り換えたというくらい、お肌に優しい脱毛方法です。ちなみに美肌効果も期待できます。痛みが少ないので、Vラインなどのデリケートゾーンの脱毛でも安心です。

 

医療レーザー脱毛に比べて料金もはるかに安くなっています。
ミュゼのスタッフは全員が脱毛の資格保持者なので、安全基準を満たすための高い知識と技術力には定評があり、そういった意味でも安心。
店舗数が多いので予約が取りやすく、通いやすいという点もミュゼの魅力です。