永久脱毛の定義を解説します

MENU

ムダ毛を完璧に撲滅したい! 永久にムダ毛をなくしたい! というのは脱毛を考えている方すべての願いだと思います。ですが、そもそも永久脱毛の定義とはなんなのでしょうか。正式には、「最後の脱毛終了から1ヶ月後の、毛の再成率が20%以下である脱毛法」とされています。永久脱毛をすれば無毛になる、と思われがちですが、定義上では全ての毛を無くさなくても永久脱毛になるのです。現在日本で施術を受けられるうちで、1番効果が高いと言われている永久脱毛は、針脱毛だと言われています。針脱毛は毛穴に針を刺し、そこに通電することで毛根を焼ききるという、脱毛方法です。確かに効果はあるのですが、強い痛みを伴い、かつ長い時間と肌へのダメージもかかってしまいます。なのであまり一般的ではなかったのですが、今はレーザー脱毛というものができ、それが現在主流となっています。医療レーザー脱毛では、針脱毛ほどではないにしても、毛根細胞を高い割合で破壊することができ、一度にすべての毛を無くすことはできずとも、半永久的に脱毛の効果を得られます。高い効果のある機械をもったクリニックで、きちんとした技術のもとに医療レーザー脱毛を受ければ、無毛に近い理想の肌を手に入れられるのです。