永久脱毛するならサロン?クリニック?

MENU

永久脱毛するならサロン?クリニック?

永久脱毛は医療機関でしか行えない、という法律があります。したがって、永久脱毛をしたいと思ったならば、医療脱毛を行っている皮膚科などのクリニックに行くしかありません。クリニックで受けられる永久脱毛には、二つの種類があります。それが、医療レーザー脱毛と絶縁針脱毛です。今はあまり聞きなれないかもしれませんが、絶縁針脱毛というのは少し前まで永久脱毛の主流の手法でした。どういった脱毛法かというと、毛穴自体に細い針を刺し、そこに電気を通して毛根を破壊する方法です。針脱毛やニードル脱毛、電気脱毛と呼ばれることもあります。毛根ひとつひとつを直接処理していくので、医療レーザー脱毛よりも確実な脱毛ができます。しかし、医療レーザー脱毛よりもさらに痛みが強く、一回の施術にも倍ほどの時間がかかります。さらに、手間がかかるため料金も高い、というデメリットがあります。今ではあまり行われておらず、医療脱毛といえばレーザー脱毛、というのが一般的な認識です。ただ、全体的な脱毛を終えたあとでも、黒色メラニンが少ない箇所はレーザーの反応が悪く、細い毛や産毛が残ってしまうことがあります。そういった毛に対して絶縁針脱毛をして、確実に毛を無くす…というケースもあります。