医療脱毛のデメリット

MENU

医療レーザー脱毛にはメリットが多いことをお伝えしてきましたが、もちろんデメリットもあります。レーザー脱毛は、放射されるレーザーが黒い色素(メラニン色素)=毛に反応することでその細胞を破壊し、毛を生えなくさせるという原理です。ですから、もともと地黒な人や日焼けをしている人は、そこにもレーザーが反応してしまい、ヤケドを起こす可能性があるのです。ヤケドした結果、肌の色が抜けてしまうなどといった症状が起きることもあります。ホクロや濃い色の痣がある場合なども、ヤケドの恐れがあるので、レーザーを当てられない場合があります。ホクロや痣がある箇所を脱毛する場合には、事前にホクロや痣の除去手術をしたあとに、レーザー脱毛を受けると安心です。また陰部や肛門・乳輪といった部分は、どんな人もメラニン色素を多く含んでいます。そのため、腕や脚などに比べ、強い痛みを感じますし、ヤケドのリスクも高まります。しかし近年はVIOと言われる陰部まわりの医療脱毛に人気がでてきたので、施術者の技術も向上し、リスクは減ってきました。また、黒い色素が少ない、細い毛や白髪・産毛にはレーザー脱毛の効果が現れにくくなっています。黒く太い毛ほど、レーザーが良く反応するためです。黒の色素が弱い場合にはレーザーの光が作用せず、脱毛の効果が薄くなってしまうのです。また、まれにですが「硬毛化」や「増毛化」などの症状を誘発してしまうこともあります。しかし、これらの症状は今では対処方法も進化してきています。何度か繰り返して照射を行うことで、結果的に脱毛することができますし、レーザー機器の改良が進んだことも影響しているようです。将来的に脱毛技術やレーザー機器のさらなる改良で、産毛・白髪にも効果的なレーザーができてくるかもしれません。そうなったときに、本当の意味での全身永久脱毛が可能だと言えるでしょう。