医療脱毛のメリット

MENU

脱毛を幅広くとらえれば、レーザー脱毛・ブラジリアンワックス・針脱毛…などいろいろな方法がありますが、今回は医療レーザー脱毛について紹介していきます。そもそも、レーザーの光で脱毛ができるのはなぜでしょうか。少し難しい話になりますが、レーザーから特定の波長の光をピンポイントで照射すると、その光が特定の組織だけに反応することを応用しているのです。この特定の組織、というのがムダ毛の毛根組織です。この毛根組織を破壊することで、毛が生えてこなくなります。この毛根組織を破壊するというのは医療行為にあたりますので、日本では医師免許がなければ施術できないことになっています。こういった医療レーザー脱毛には、以下のようなメリットがあります。まず、エステティシャンではなく、免許をもった医師が施術するので、しっかりと皮膚の状態を判断してくれる、というところがあげられます。万が一皮膚が腫れたり荒れたときでも、医療の専門家が適切な処置を即時にしてくれます。また、施術場所の衛生管理に関しても、医療機関なので安心です。さらに、医療レーザー脱毛は微妙に強さを調整することができるのですが、それを医師の判断で行うことができるのも、嬉しいところ。皮膚の状態を見ながら、箇所によって微妙に調整して、皮膚に対して最小限の負担かつ最大の効果でレーザーを照射してくれるので、安心ですよね。もちろん、毛根組織を破壊するので、半永久的に脱毛の効果が期待できるのも、大きなメリットでしょう。エステサロンでは、毛根組織にダメージを与えるだけで、破壊まではできません。このように、安心と効果をくらべると、やはりエステサロンでの脱毛よりも医療脱毛のほうが満足いく結果になるのではないかと思います。