医療脱毛にもたくさんのリスクがあります

MENU

医療脱毛は安心・安全、というキャッチコピーを目にする機会もあると思いますが、これはまったくリスクが無い、という意味ではありません。ではどういった意味なのかというと、もし何かが起きても医師がいるので安心、という意味です。今や脱毛は一般的で気軽に受けられるものです。しかし、リスクも伴うことを忘れてはいけません。クリニックでの脱毛であろうと、エステサロンでの脱毛であろうと、様々なリスクがありますが、1番多いは、火傷です。レーザーは、黒色に反応して光を熱に変換します。通常は火傷するほど高いエネルギーで照射しないように細心の注意を払って施術しますが、日焼けで極端に肌が黒かったり大きなホクロがあったりすると、そこも熱に変換されてしまい、やけどにつながります。火傷だけで終わらず、跡になってしまうこともあります。せっかく美しくなるために脱毛をしているのに、火傷跡などもってのほかですよね。火傷の次によくあるトラブルは、毛膿炎とも呼ばれるニキビができることです。これは脱毛の照射によって肌がダメージを受け、本来あるバリア機能が一時的に失われ、炎症を起こしてしまうことにより起こります。顔まわりや、うなじ、二の腕など皮膚が敏感な部分にできます。肌が弱かったり、ニキビができやすい人は注意しておいた方がいいかもしれません。毛膿炎自体は2〜3週間たてば治りますが、跡になってしまうこともあります。