医療脱毛とエステ脱毛の決定的な違い

MENU

医療脱毛とエステ脱毛の決定的な違い

エステサロンで行われる光脱毛(IPL脱毛・プラズマ脱毛など)と医療機関の医療レーザー脱毛の違いは一体何なんでしょうか。使われている脱毛機器の違いはたくさんありますが、その違いをひとことで言うと「照射パワーの差」です。クリニックや美容外科などの医療機関には当然のことながら医師が常勤しており、万が一施術中にトラブルが発生してしまても、即座に適切な処置が行えます。そのため、強力なレーザーの使用を国から認可されているのです。一方のエステサロンの場合はどうでしょうか。法律上、脱毛サロンでは「長期的効果のある脱毛」は行ってはいけないという決まりがあります。ですが、以前はあくまでエステ用光脱毛機器とはいいながらも、照射パワーの強い機器を使用する違法なエステサロンが多数ありました。ですが数年前に、それらのエステサロンと脱毛機を製造していたメーカーが一斉に摘発さたので、今ではそのような違法行為を行うサロンはなくなったと言われています。つまり、今あるエステサロンで使用している機器は、効果の出づらい低出力の光脱毛機種ということになります。現在、多くのエステサロンが、かなりの低価格で脱毛を提供していますが、それはとうてい医療機関ではありえない価格です。お得に見えますが、脱毛についてしっかり調べていれば、長期的にみるとエステサロンで行える脱毛では満足いく施術ができるかどうかは明白です。