脱毛と毛の成長サイクルの関係

MENU

脱毛と毛の成長サイクルの関係

ご存知の方も多いと思いますが、脱毛は1回施術を受けただけで終了するものではありません。いま皮膚の表面に見えている毛は、活動を休止している毛や生えてこようとしている毛など、すべての毛の1/3未満ともいわれています。脱毛は表面に見えている毛にしか効果が無いので、1回の施術脱毛が終了しないのです。いま見えていない全ての毛まで含め、その生え変わるスピードはばらばらなのですが、それに合わせレーザー照射をしていかなければいけないのです。この、毛の生え変わりにまつわる成長サイクルのことを、毛周期と呼びます。毛周期は箇所によって異なるので、脱毛の効果を高めるためにはそれをきちんと見極めることが大事です。医療脱毛とエステ脱毛の違いは、レーザー機器の出力パワーだけではなく、毛周期を見極めるために医師や看護師のカウンセリングを受診できるかできないか、ということも実は大きなポイントです。医療脱毛の強い照射パワーですと、1度の照射で現在生えている全ての毛に対して効果がありますが、エステ脱毛の弱い照射パワーでは、1度は弱って抜けてしまってもまた生えてきてしまいます。次の照射はまた毛が生えそろったときになります。それを待っている間に、弱ったはずの毛根も再生してまた生えて…エステ脱毛に何年も通わないと脱毛が終了しないのは、このためなんです。